HOMEに戻る

江戸川総合人生大学

※江戸川総合人生大学は、学校教育法上の大学ではありません。
これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、平成16年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。
HOME > 卒業生トピックス一覧 > 卒業生トピックス詳細
卒業生トピックス詳細
2018/06/04 葛西の四季折々(210)「タイサンボク」
 5月下旬に清新町緑道近くと西葛西の街中を散策して、目に付いた花を中心にまとめてみました。
写真をクリックすると拡大されます。



●西葛西のテニスコート場の周りの街路樹はタイサンボクです。タイサンボクは上を向いて咲いているので、木の上の花を撮るのが難しいです。少し斜めに咲いている花を探して撮りました。



●清新町緑道には約1,500本近い樹木が植えられています。栗の木も数本あり、この時期写真のような花を咲かせていました。



●清新町緑道の中程にブラシノキがあり、真っ赤なブラシのような花が満開でした。この花も葛西地区ではここでしか見ないです。



●清新町緑道の中程にマユミの木が1本あります。これまでは気をつけて見てますが、実が生っているのを見たことがありませんでした。今回は小さな実が生っていました。秋に実が赤く色づくのを是非見たいと期待しています。



●西葛西の畑のあるお宅の木の下にハンゲショウがあります。葉が白く変色し始めていました。



●西葛西の野草を集めているお宅の軒下にホタルブクロがあり、丁度満開でした。



●同じく西葛西で、玄関に沢山の草花を育てているお宅があり、鉢植えの真っ赤なユリがきれいでした。



●西葛西のマンションの植木に常緑ヤマボウシを植えている所があり、花が満開でした。常緑ヤマボウシはヤマボウシより花は小さく、少し黄緑色をしています。葉は枯れ落ちないで冬でも葉があります。



●行船公園にナツツバキが咲き始めていました。ナツツバキは沙羅双樹と言われることもありますが、インドの沙羅双樹とは別の木です。