HOMEに戻る

江戸川総合人生大学

※江戸川総合人生大学は、学校教育法上の大学ではありません。
これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、平成16年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。
HOME > 子ども・子育て応援学科 授業のようす一覧 > 子ども・子育て応援学科 授業のようす詳細
子ども・子育て応援学科 授業のようす詳細
2016/09/26第11期 2年次の授業を振り返って
■子育て支援・ボランティア活動

子育て支援や子育てにかかわるボランティア活動について理解する授業がありました。友野清文先生をお迎えし、保育学や教育学の観点から子育て支援を学ぶ授業では、「子育て支援者としてのあり方」「学校での支援のあり方」について、論文や資料を見ながら話し合いました。NPO法人東京ベーテル代表の森木美佐子先生からは、スタッフとママ達が協力し合って親子の場を運営している東京ベーテルの特徴をご紹介頂きました。また、子育て支援やボランティアには、地域や社会や個人が抱える問題に「気づく」感受性が必要だという事も学びました。


(友野清文先生)          


(森木美佐子先生)



■人と人との「関わり合い」や共生について理解する

国際コミュニティ学科のギッシュ学科長をお迎えした講義では、「他者の存在を受け入れ、他者といっしょに生きていく」という共生の意義について、それを子育て支援にどのようにいかしていくべきかを学びました。日本にいる外国人の状況も個々に異なる事や、「人間はみな違う」と考え、違いの出会いからお互いの違いを理解し尊重する事が他者を支援する上では欠かせないポイントだとお話し下さいました。


(ギッシュ学科長)        


(共生について学びました)



■イベントの企画・実施

これまでの授業で学んだ事を踏まえて、現代の親子が抱える課題の解決を目指し、イベントを企画・実施しました。共育プラザ葛西スポーツルームを利用させて頂き、「親子で遊ぼう〜おうちでもたのしく遊ぼう〜」をテーマに、親子で楽しく遊べる場を作りました。当日は、イベント告知のポスターを見た多くの親子が集まって下さり、絵本の読み聞かせ、手遊び、風船バスケットやペットボトルボーリング等のゲームを行い、大盛況の内に終わる事が出来ました。イベント終了後の振返りの授業では、「臨機応変が重要」「直接の出会いが大事」等の意見が出ました。


(事前準備風景)             


(絵本の読み聞かせ)


(楽しくダンス)           


(振り返りの授業)