HOMEに戻る

江戸川総合人生大学

※江戸川総合人生大学は、学校教育法上の大学ではありません。
これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、平成16年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。
HOME > 江戸川まちづくり学科 授業のようす一覧 > 江戸川まちづくり学科 授業のようす詳細
江戸川まちづくり学科 授業のようす詳細
2014/02/25<1年次>「えどがわの種」探し1
「えどがわの種」探しでは、住民参加型のまちづくりをテーマに、その実践活動を行っている区内の活動団体を現地訪問し、その活動を見て、聞いて、習い、自分が取り組んでみたい江戸川区の歴史や課題について探ります。

◇第1回は、篠崎ビオトープに行きました。
案内人:えどがわ自由学校〜みずとみどりの寺子屋 代表重杉浩氏
生憎の雨で篠崎ビオトープはあまり見ることができませんでしたが、篠崎文化プラザでは篠崎ビオトープで行う予定だった観察ゲームの内容や、「五感で感じる」ことの大切さを伺いました。別日程で再度ビオトープの観察日を設けましたが、その日も雨で開催できず残念でした。



◇第2回は、平井にある(株)高常に行きました。
案内人:東京都伝統工芸技術保存連合会・江戸川地区会員 の高橋栄一氏
染物の工程やその技術を伺いました。また染物の「型」のコレクションを拝見し職人ならではの技を目の当たりにしました。染物工場の持つ独特の雰囲気を感じることができました。また染物体験をして楽しみながらの授業となりました。





◇第3回は、一之江の農園に行きました。
案内人:小松菜農家 岩楯英樹氏 岩楯栄一氏
実際に畑を見せていただきながら説明を伺い、またブロッコリーの摘み取り体験をさせていただきました。その後はコミュニティプラザ一之江にて昔の一之江の様子を伺ったり、都市農業の抱える課題などについて意見交換をしました。



◇第4回は、鹿本幼稚園に行きました。
案内人:江戸川グリーン・グリーン 代表堀川和男氏ほか
活動先の一つである鹿本幼稚園にて、お手伝いしている畑の見学や活動の設立経緯などを伺いました。イスは園児が使用するものでとても小さくかわいいものです。案内人は卒業生でもあり楽しく活動している様子を伺いました。