HOMEに戻る

江戸川総合人生大学

※江戸川総合人生大学は、学校教育法上の大学ではありません。
これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、平成16年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。
HOME > 学部・学科紹介 > 国際コミュニティ学科
国際コミュニティ学科
〔学科長(コーディネーター)〕
ジョージ・W・ギッシュ(George W.Gish,Jr) 青山学院大学名誉教授
〔学生数〕
定員 1学年25名
〔専門科目の開講日〕
水曜日
〔専門科目の開講時間〕
午前10時〜正午 または 午後2時〜4時
〔学科の目的・概要〕
国際色豊かな講師陣から各国の文化・事情や在住外国人の抱える問題などを幅広く学びます。
また、フィールドワークを実施し、実際に在住外国人と交流することで、より一層お互いに対する理解を深めます。江戸川区に根付いた日本文化についても見つめ直します。
2年間のカリキュラムを通して、地域の国際交流や外国人との共生のあり方を考えていく学科です。

※江戸川まちづくり学科との交流授業もあります!

学科長からのメッセージ
国際コミュニティ学科 学科長 ジョージ・W・ギッシュ
区民教授と学生が、それぞれの課題を通じて、体験を分かち合うことにより、お互いの世界が豊かになります。「共育」の意味合いからも、先生と生徒という関係だけでなく、私たちはお互いに学びあう同志であると考えています。
私たちは、とかく自分の国の文化を中心に物事を考えたり判断したりしがちなものですが、世界の中に日本があり、江戸川区があるのです。自分の国の文化も世界の文化の一つであり、実はルーツをたどればどこかでつながっているのです。
今後の課題は、外から与えられる異文化、すなわち江戸川区に住んでいる外国人に対してどうしていくべきかを探ることです。区民教授と接し、その輪を広げていくことが、お互いを理解し合うモデルになると考えています。比較するのではなく、違いを知り合い、ありのままを受けいれ、理解することが何よりも大切なのです。